看護部紹介 私たちは地域の人々と共に、健康で、いのち輝く未来をめざします。

メッセージ 看護師長写真

患者さまの心に寄り添った「まるごと看る看護」を実践していきましょう。

 福島生協病院は地域密着の病院です。予防から救急、 リハビリ、在宅と、トータルな医療を提供しています。
 その中で私たち看護師が大切にしていることは、 患者さまを「まるごと看る」ことです。
 「まるごと看る」のは、たやすい事ではありません。 患者さまの病態だけを看るのではなく、その背景を知り、 理解して一緒に療養に取り組むことです。そして退院後、 地域でどのように生活されるのか把握して在宅につなげていきます。中小規模の病院の良さを活かし、一人一人を大切にして皆で育ち合う風土が福島生協病院にはあります。看護師は生涯学び成長し続けることが大切です。
 「人は宝」です。私たちと一緒に学び、「人」としても成長していきませんか?

広島中央保健生活協同組合看護部長 兼 福島生協病院総看護師長 岡田 博美

看護部理念

私たちは、地域の人々の いのちの尊厳と人権を守ります。

基本方針

  • 安心・安全の看護を実践し、患者に信頼される看護をめざします。
  • 地域の人々の看護ニーズに積極的に応え、参加と協同の看護を実践します。
  • 専門職としての研鑚に努め、質の高い看護を展開します。

 私たちは生協組合員さんと協同で「地域まるごと健康づくり」に取り組んでいます。また無差別・平等の理念のもと、いつでも、誰でも安心してかかれる医療を提供しています。
 めざすのは、患者さまとともに「たたかう看護」。
 病気とたたかうとともに、病気をつくる環境や、医療に格差を持ち込む制度ともたたかいます。
 地域の人々が健康で明るいくらしが維持できるよう、日々、挑戦しています。