薬剤部紹介

福島生協病院 薬剤部 紹介(紹介者 薬剤師  山嵜 弘男) 

2015年09月に新病院になり薬剤部は、7階北側に移動し新しくなった機器類や電子カルテにより効率的な薬剤管理が可能となりました。現在薬剤師のスキルアップのため専門認定薬剤師の資格取得も積極的に取得を目指しており、部内でもバックアップ体制を取っています。

病院の薬剤師がどんな仕事をしているかご存知でしょうか?
医薬品に関する様々な業務に責任を負い、医療チームの一員として医療に貢献できる様心掛け仕事をしています。
また、ここでは具体的な仕事内容をご紹介致します。少しでもご理解が頂ければ幸いです。

薬剤部の目標 ・方針

見える薬剤師を目指しています

  1. 1. 専門職として存在感のある薬剤師
  2. 2. 臨床の場における科学者・研究者
  3. 3. 患者様を中心にチーム医療の一員
  4. 4. 薬の安全性の追求
  5. 5. 経済性への考慮

この様な薬剤師を目指しています。

薬剤部のスタッフ ( 平成28年 5月 1日 現在欠員2名 )

薬剤師 5名(男性4名、女性1名嘱託
薬剤業務助手 1名(女性1名)

薬剤部の業務

  • 調剤業務、薬品管理業務、DI業務、薬剤管理指導業務、製剤業務 等
  • 糖尿病教室、糖尿病患者教育、緩和ケアチーム、NST回診、褥瘡管理チーム、回診ICT回診 等
  • 内服薬、外用薬、注射薬、消毒薬等、約 1,500品目の薬剤を取り扱っています      
  • 平日の日勤業務のほかに、土、日、祝日と毎日の午後5時30分から拘束対応をしています。

薬剤部の業務量集計データから

(平成283年3月実績)

院外処方箋枚数 約5,110枚/月(院外処方箋発行率 約97%)
入院処方箋枚数 約2,250枚/月
薬剤管理指導料算定件数 約100件/月
無菌製剤調整件数 約220件/月
化学療法調製件数 約22件/月