リハビリテーション科紹介

職場紹介

福島生協病院

現在入院(一般病棟・地域包括ケア病棟・回復期リハビリ病棟)と外来のリハビリを行っています。リハビリ対象疾患は、整形外科疾患・内科疾患が主になります。整形外科疾患では、各骨折術後・各人工関節置換術後が多くを占めています。内科疾患では、肺炎・脳血管疾患・廃用症候群・心疾患の患者様をリハビリしています。医師と看護師等と連携し、入院早期からリハビリを行っています。また、糖尿病教育入院での運動療法指導や嚥下造影検査等での食事形態管理などにもかかわっています。その他の医療活動として、褥瘡回診・栄養サポート(NST)回診・排泄ケア会議・転倒転落委員会・感染対策委員会など、様々な活動を行っています。外来では、病院を退院された患者様を中心に継続したリハビリを行っています。回復期リハビリ病棟・心大血管リハビリ・一般外来などのチームに分かれ、チーム全員で知恵を絞り協力しあい、より良いリハビリ医療ができるように検討を繰り返しています。

写真:福島生協病院の様子1写真:福島生協病院の様子2

訪問看護ステーションコスモス

写真:訪問看護ステーションコスモスの様子

広島市中区・西区を中心に理学療法士4名、作業療法士1名の体制で訪問しています。訪問リハビリの内容は、筋力維持・向上のためのトレーニングとメニュー作成、歩行訓練、日常生活の動作訓練、家事や趣味活動の練習、ポジショニング指導、体に合った福祉用具の相談と選定等を行っています。本人・家族の要望を大切にしながら在宅生活の目標設定を一緒に行い、訪問リハビリをさせて頂いています。事業所内の看護師とのカンファレンスや学習会も頻回に行い、お互いの情報共有と幅広い知識・技術の向上に努めています。

生協さえき病院

写真:生協さえき病院の様子

2005年6月1日に基幹病院である福島生協病院から114床の病床数を分けオープンしました。3F:60床の医療療養病棟と4F:54床の一般病棟(10:1、内22床は地域包括ケア病床)からなります。歯科が病院内に併設されているのも特徴となっています。法人で初めての療養病棟機能を持つことになり、生活期、維持期のリハビリを行っています。長期にわたる入院の中で、少しでも四季の変化を感じられるように、病棟生活に年中行事を取り入れたりしています。通所リハビリでは、定員40名枠で、入浴、食事、個別リハビリ等を、月曜から土曜まで提供しています。若いスタッフも入職して、結婚、出産する方も多くいます。スタッフ自身も成長しながら、提供できるリハビリに人間的な幅を発揮できているように頑張っています。

生協さえき病院通所リハビリテーション

写真:生協さえき病院通所リハビリテーションの様子

在宅生活を送っておられる利用者様に対してリハビリを実施しています。当事業所は、介護予防通所リハビリテーションも同時に行っているため、利用者様のADL能力も大きく差があります。一人一人の利用者様に真摯に向き合い、何をどの様にすれば在宅生活が継続できるか、より豊かな在宅生活を過ごして頂けるか、を日々考えリハビリを提供しています。

訪問看護ステーション五日市

写真:訪問看護ステーション五日市の様子

佐伯区を中心に西区西部・廿日市市東部にも訪問させて頂いています。理学療法士5名(うち病院兼務1名)、作業療法士1名(病院兼務)、言語聴覚士1名(病院兼務)の計7名で訪問を行っています。平成27年11月より言語聴覚士が加わり、言語障害、摂食嚥下障害のある利用者様に対しても専門的なリハビリを提供できる体制となりました。身体機能の維持・向上へのアプローチをはじめ、環境調整や福祉用具の選定、介助方法(移乗動作やポジショニングなど)のアドバイス、利用者様や家族・介護者への精神的サポートをさせて頂きます。利用者様の活動性の向上を図り、社会参加(地域への参加)の機会を増やせるよう促します。また、介護されるご家族の不安や悩みをお聞きし、介護負担を少しでも軽減できるようご支援します。利用者様(ご本人)やご家族・介護者の皆さまが住み慣れたご自宅で、当たり前でありながらも貴重で大切な毎日を少しでも笑顔多く過ごされるよう、最期まで人間としての尊厳を守りながら人生をより良く送って頂けるよう、精一杯支援させて頂きます。