医療関連情報

男性型脱毛症(AGA)治療薬「プロペシア」「ザガーロ」処方のご案内

皮膚科

男性型脱毛症(AGA)とプロペシア

コメディアンの爆笑問題のコマーシャルで有名です。
AGAとは Androgenetic Alopeciaの略で 「男性型脱毛症」の意味です。 成人男性によくみられる髪が薄くなる状態のことです。思春期以降に額の生え際や頭頂部の髪が薄くなっていきます。

本症の脱毛部には毛周期の成長期を短くするジヒドロテストステロン (DHT)が高濃度に存在しています。頭髪の成長期が短くなることにより、髪の毛が長く太く成長する前に抜けてしまい、十分に 育たない、細く短い髪の毛が多くなり、全体としてうす毛が目立つようになります。
ジヒドロテストステロンは5α-還元酵素という酵素 によってテストステロン(男性ホルモン)からつくられます。
コマーシャルで有名なプロペシア(フィナステリド)は、5α-還元酵素を選択的に抑制し、テストステロンからジヒドロテストステロンへの変化を阻害し、その量を減少させることで頭髪の成長期の短縮を改善し、太く長いしっかりした、成長期の頭髪を増やすことで効果を発揮します。

服用は成人の男性 に限られています。女性、未成年者は服用できません。
男児の性腺の発育障害の可能性があるため妊婦及び授乳中の婦人は禁忌です。また服用中は献血してはいけません。献血には、最低でも一ヶ月の休薬期間をとる必要があります 。
副作用として前立腺がんの腫瘍マーカーとなります前立腺特異抗原(PSA)値を減少させます。また、まれに肝障害、性欲減退が報告されています。
効果の発現には6ヶ月程度かかります。
経口中止後は脱毛の進行が再発する可能性があります。

プロペシアの処方には医師の処方箋が必要です。さらに保険診療ではなく、自由診療で診察代、薬代は全額自己負担となります。

自費診療ながらも従来の方法よりかなり効果が期待できるプロペシアの経口について説明させていただきました。

プロペシアとは??

男性型脱毛症の治療に効果がある内服薬(飲み薬)です。
飲む脱毛症の薬として、初めて医学的な有効性が認められたお薬です。

図1

図は株式会社ビービー・コム発行「最新の毛髪科学と正しい毛髪診断」より引用

1日1錠の服用で、継続した服用が大変重要です。
一般的に、6か月を過ぎたぐらいから効果が出てくると言われています。
しかし効果には個人差がありますので、必ずしも6か月で効果が出るとは限りません。
(ザガーロも上記説明は同じく、男性型脱毛症の治療に効果のある内服薬で同様です)

皮膚科にて行っております!!
予約は不要です。皮膚科の診察時間内に受付をお願いします。

料金体系

自由診療になります。(保険証をつかわない自費診療です。)
当院の料金設定です。

初診 3,500円+消費税
再診 2,000円+消費税
薬代 プロペシアの場合
7,500円+消費税 ←28錠でのお値段です。
ザガーロの場合
9,500円+消費税 ←30カプセルのお値段です。

検査代(任意)

PSA検査 1,000円+消費税・・・初診時に実施
肝機能検査 1,000円+消費税・・・3か月に1度実施

 

診察の流れの例となります。必ずしも下記診察内容・金額になるとは限りません。

初診

  • 問診票記入
  • 診察(AGAの診断、治療内容、薬の副作用など)・プロペシア処方(1ヶ月分)
  • 肝機能検査(任意)
  • PSA検査(任意)
    ※PSA検査を実施した場合、1週間後に受診が必要です。
    検査結果を踏まえてプロペシア処方決定致します。

(任意検査なしの場合)
   初診代+薬代⇒11,000円+消費税
(任意検査ありの場合)
   初診代+薬代+検査代⇒13,000円+消費税

再診

  • 診察(効果判定など)
  • プロペシア処方(1ヶ月分~3ヶ月分)→薬28錠の場合
  • 肝機能検査(任意)

(任意検査なしの場合)
   再診代+薬代⇒9,500円+消費税      ・・・薬28錠の場合
(任意検査ありの場合)
   再診代+薬代+検査代⇒10,500円+消費税     ・・・薬28錠の場合