医療関連情報

外来化学療法

化学療法室

新病院2階外科診察室併設の、化学療法室2床を開設しております。

 

外科系受付

化学療法とは、いわゆる抗がん剤を使用して癌の治療をおこなうもので、近年、新しくて効果の高い薬が開発されにつれ非常に盛んに行われるようになっています。広島市内の大病院でも、化学療法室が設けられていますが、外来通院で行うのが主流になっているので、身近にある病院で行うことを希望さる患者様も多く、当院へ紹介されることが日常的になっています。

また乳癌、胃癌、大腸癌の治療については、治療についてのガイドラインや選択法が確立されつつあり、それに基づいて行うことで、「癌センター」などで行っている治療と同じ水準の治療が受けられるようになってきています。

化学療法室  図1

化学療法室は、電動リクライニングチェア1台と、ベッド1床を備え、長時間にわたる治療をできるだけ快適に受けていただけるような環境を整えました。(テレビも備えています。) また、感染対策として薬剤師による抗がん剤の無菌調整を導入し、安全性にも充分な注意を払っていきますので、どうぞ宜しくお願いいたします。