保健生協について

 みんなの力で健康づくり、まちづくり  安心して暮せるために広がる生協の輪 「丈夫で長生きしたい」「いざという時安心してかかれる医療機関がほしい」そんな地域の人たちの願いを実現するためにつくられたのが、広島中央保健生協です。
生協さえき病院も、広島中央保健生協の病院です。

 保健生協は、健康・医療・くらしの問題を持ち寄り、医療の専門家といっしょに問題解決のために運動する、消費生活協同組合法にもとづく住民の自主的な組織です。  

 現在、組合員3万人余人、2つの病院、3つの診療所、2つの歯科診療所、4つの訪問看護ステーションをもっています。組合員は、出資して、医療機関を利用し,職員と力を合わせてより良い病院・診療所づくりをし、「くらしと福祉と健康を豊かにする」取り組みをしています。

組合員と出資金

○ 広島県にお住まいの方で、3,000円以上出資すると組合員になれます。
○ 出資金は保健生協の事業活動をすすめるための元手(資金)です。当院で個室代を頂かない取り組みが続けられるのも出資金の支えがあるからです。その他、支組合員のための施設・設備の充実や医療機器の購入のために使われます。
○ 出資金は寄付ではありません。転居などで脱退されるときは、おかえしします。
○ 便利な口座振替による積み立て増資(1,000円より)もご利用頂けます。
○ 組合員の加入、出資金の増資をご希望の方はお気軽にスタッフにお声掛けください。

組合員になると

○ 3人以上で班をつくり、日常的に健康チェックができます。また、医師・看護師・栄養士など専門家と一緒に学習ができます。 退院された後も地域の組合員と一緒に様々な活動に参加することができます。
○ 健康診断や健診のオプション検査、各種予防接種のほか、入院時の日用品(入院セット)を組合員価格にて利用いただけます。
○ 病院や診療所の運営(病院利用委員会)に参加することができます。
○ 保健大学、社会保障学校などの行事に参加できます。
○ 保健生協が主催するその他の文化教室や、病院が主催する糖尿病教室等に参加できます。

病院紹介

  
【病院外観】              【1階 総合待合】   
【病室 多床室】            【病室 個室】     

病院長 重本 英司
住所 〒731-5115
 広島市佐伯区八幡東3丁目11-29
TEL 082-926-4511(代表)
FAX 082-926-4522
標榜科目 内科・循環器科・呼吸器科 ・消化器科・整形外科・リハビリテーション科・通所リハビリテーション
病床数 114床
一般 54 (個室22) ※急性期一般入院料4   (内、地域包括ケア病床:34床)
療養(医療)60 (個室18)
 ※療養病棟入院基本料1 
施設基準 ⇒許可施設基準一覧
 ※当院は救急病院等を定める省令に基づき認定された救急医療機関です。
主な医療機器 X線CT X線TV 上部・下部内視鏡 心電図  ホルター心電図 肺機能検査 骨塩定量測定器
超音波検査(心臓、腹部、甲状腺、頚部血管) 心電図R-Rインターバル
  血圧脈派検査 眼底検査
健診  事業所健診(一般)・特定健診 特定保健指導 
 被爆者健診(一般、がん)・被爆者二世健診
 肺がん健診・大腸がん健診・胃がん健診(広島市)
 
骨粗鬆健診(広島市、一般)・協会けんぽ健診
診断書  身体障害者手帳発行のための診断書
 被爆者健康管理手当及び介護手当て
 申請のための診断書
 介護保険主治医意見書
スタッフ
100名余
 医師(内・整形)看護師・介護福祉士・助手・放射線技師・臨床検査 技師・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・薬剤師・管理栄養士・ MSW・事務
 食事と清掃は委託業者