生協さえき病院

病院理念と基本方針

この山帽子は、水木科の喬木で5~6月に枝一面に白い大きな花を咲かせ、白い帽子を被ったように見えるところから、山帽子と呼ばれているとか・・・秋には赤い実をつけ見る人の心を楽しませてくれます。医療生協の組合員さんたちが数ある木の中から選ばれたものです。
「あんしん、なっとく、きょうどうの、健康づくりをすすめます。」
十分な情報の提供・利用者の納得に基づき、利用者の意志決定・人権とプライバシーを尊重した医療活動を行います。
教育・研修活動をすすめ、診療の質の確保、看護・介護の適切な提供、療養環境と患者サービスの向上に努めます。
安心してくらし続けられる「明るいまちづくり」をめざして、地域における保健・医療・福祉・介護の連携をすすめ、発展に努めます。
 ともに組合員として生協を担う私たち地域住民と職員には、いのちとくらしを守り健康をはぐくむために、
以下の権利と責任があります。
<自己決定に関する権利>
 私たちは、知る権利、学習権をもとに自己決定を行います。
<自己情報コントロールに関する権利>
 私たちは、個人情報が保護されると同時に、本人の同意のもとに適切に利用することができるようにします。
<安全・安心な医療・介護に関する権利>
 私たちは、安全・安心を最優先にし、そのための配慮やしくみづくりを行います。
<アクセスに関する権利>
 私たちは、必要な時に十分な医療・介護のサービスを受けられるように社会保障制度を改善し、健康にくらすことのできるまちづくりを行います。
<参加と協同>
 私たちは、主体的にいのちとくらしを守り健康をはぐくむ活動に参加し、協同を強めてこれらの権利を発展させます。