生協さえき病院

看護・介護のページ

   フィッシュの取り組み
   「注意を向ける」「人を喜ばせる」
   「遊ぶ」「態度を選ぶ」で支え合う職場づくりの取り組み
生協さえき病院は広島中央保健生活協同組合の2番目の病院として、2005年6月1日、広島市佐伯区八幡東に開院しました。
当院は佐伯区千同にあるコープ五日市診療所での医療活動を基に、周辺地域の医療や在宅療養を支援するための病院としてスタートしました。現在、看護介護職員は約80名です。
≪一般病棟≫10:1看護 二人夜勤三交替勤務
≪療養病棟≫20:1看護 三人夜勤二交替勤務


3階病棟職員パネル

4階病棟のフィッシュの取り組み
 あかるく、やさしく、誠実に、ともに喜び合える看護・介護を目指します。
(1) その人らしさを大切にします。

夏祭り
(2) 質向上のため、主体的に学びます。
(3) 安心して過ごせるように、療養を支えます。
(4) 地域とのつながりを大切にします。
研修風景 通所リハビリテーション