薬剤部紹介

薬剤部の業務ご紹介

注射薬調剤業務(薬品管理室)

 医師が処方内容を電子カルテに入力すると、薬剤師が注射処方箋を監査(薬剤の適用使用、適正な投与期間、 投与経路など)して注射処方箋を出力します。同時に注射ラベルも印刷されます。
 入院患者さんに使用する注射薬は、専用ビニール袋に患者さんごと個別に取り揃えます。
内服薬と同様に、腎機能などの検査値から薬の量が適正かどうかなど、疑問点があれば確認を行います。     また、医師や看護師へ注射薬の適正使用に関する情報提供を行い薬物療法の有効性、安全性の確保を 図っています。

PCの写真薬剤棚の写真

 各病棟、患者ごとに処方箋によって専用ビニール袋にセットし、準備された注射薬を別の薬剤師が再び監査し、各病棟に払い出します。

MRSA薬のTDMをすべて行い、医師に提案して、処方に必ず反映しています。
MRSA薬を処方する前に医師より、投与のシミュレーションの依頼があり、その結果を医師に連絡して、     処方に反映させ、定常のトラフ時に採血をして、適正な投与になっているか確認しています。