診療案内

内科(消化器内科、循環器内科、糖尿病内科、呼吸器内科、神経内科、一般内科)

診療科のご案内

神経内科

医師
音成 秀一郎

科の特色

神経内科では、意識障害/痙攣、頭痛、痴呆、しびれや麻痺、不随運動、筋肉の萎縮、視器に原因のない視力障害などを訴えられる方をご紹介頂いております。
原因疾患は多彩で、脳血管障害、てんかん、中枢神経の感染症や悪性腫瘍、脊髄小脳変性症などの変性疾患のほか、本態性振戦や斜頚のように病因が不明なものや心因性のものなども対象となります。MRIやCTなどの画像診断はもとより、必要に応じて遺伝子診断(同意書が必要となります)、や神経に対する自己抗体の検査を行っております。
治療に関しても、アルツハイマー病や脊髄小脳変性症に対してははじめて有効性の証明された内服薬が使用可能となり、また片頭痛についてもスマトリブタン系の薬剤が次々に開発されたおり、徐々に選択肢が増えつつあります。
頸椎症や悪性腫瘍、出血性の脳血管障害の場合には外科系の先生方と連携をとりながら診療にあたっております。

医療設備および検査紹介

  • ヘリカルCT、脳波検査、MRI検査